2011年8月23日火曜日

新6Vのススメ 「Let's ROCKVOLT Boogie♪♪」   2006年06月22日




§4.ピストンのウンチク


御次は、パワーの源(みなもと)であるピストンです。

6Vのピストンは 大きく分別して、
S・Lクランク対応のショートコンロッド用と
G・Rクランク対応のロングコンロッド用の2種類が存在します。
「Rクランクは12V用だろ?」とモニターの前で呟いてるモンキーな貴方
まぁ モンキー乗りの一般常識としては
ソレで正解と言っても良いのですが・・
ココでRクランクを端折ると 
          「6VにもCDI点火は存在するだろーが・・」
と モニターの前で重箱の隅をつつく
        空気の読めないイヤらしい人々も居られますので
一応ウンチクを語る者として Rクランクは外せないのです・・・
御理解下さいwww

*その昔 6VのCDI点火には カブやCD シャリィ 
モトラ Jazz等が存在致しました♪

ヘッドやシリンダーをオークションに出品すると
「6V用ですか?」とか「12Vに付きますか?」とか
ウンザリする質問をしてくる人が居ますが
↑のような質問は「わたしはエンジンの事が全く解っておりません」 
と 言っているのと同じだ という事に気付いて下さい・・・
シリンダーやヘッドに6V 12Vの分け隔てはアリマセン。
わたしの言う事が理解出来ないとしたら 
貴方も↑な質問する人と同レベル という事になります。
内燃機関の基礎知識と横型エンジンの基本構造を
じっくり勉強し直して 出直して来て下さいwww

さて話をピストンに戻しますww 
各クランク用のボアアップピストンにも種類が御座いまして・・・
ノーマルヘッドボアアップ用のフラットトップ系のタイプか、
ビッグバルブヘッド仕様用のハイコンプレッションタイプかに大別されます。
のまるヘッド用のピストンは メーカーや排気量 使用するヘッドによっては フラットトップタイプに比べるとコンプレッションが高いタイプも存在します。

使用するヘッドや仕様によって使い分けるコトになるのですが
組み合わせによっては 組付けすら出来なかったり 
思う様なパワーが出なかったりする事もあるので
ピストンとヘッドとクランクの組み合わせの決定には
十分な事前リサーチが必要デス・・(リサーチっつうか知識ですな)
のまるヘッド仕様のボアアップは パーツの組み合わせと加工方法次第で ビッグバルブヘッド仕様と同等以上のパワーを搾り出す事も可能なので
興味のある方は 是非トライ&エラーを覚悟で
挑戦してみて下さいませ♪♪

ノーマルヘッドのボアアップは 
チューニングの醍醐味がギュっと濃縮された
奥が深いコアな世界なのデス・・
ノーマルヘッドで社外ヘッドのチューンドをブチ抜いたら 
オトコマエ でしょ?www

6Vの猿人に流用可能なピストンといえば
初代CB400F(関東地区:ヨンフォア、関西地区:シーヨン)が有名ですね
ただしこの流用ピストンは、S・Lクランク限定です。
って言うか 今でも新品手に入るンだろか??? 情報ギボンヌ・・・

わたしは↑の他に51mmや52mmの流用ピストンを知りませんが
↑以外に何か情報があれば 教えて下さい宜しくデス♪

安く簡単に手に入るピストンを使って 
少しでもパワーを稼ぎたい っつう人には48mmピストンもオススメ♪♪ 
そう 72ccの1mmオーバーサイズです♪
探せば2.6psのノーマルヘッドにも少しの加工で使えそうなのがありますし ビッグバルブヘッド用なら何タイプか御座いますから御好みでドーゾ♪♪
そうなのデスョ 賢明な人なら気付いて居られるでしょうが 
社外の安い75ccシリンダーが流用出来るンですョ♪♪
オークションで安い中古の75ccシリンダ買って・・・むふふ・・ww
(あ 粗悪品にはくれぐれも御注意下さい・・ww)

他にも4ストスクーター系で流用可能なのが存在したりするみたいデスし
イロイロ探してみると面白い発見が在るかもしれません

社外品のピストンは、皆さんよくご存知ですよね!(笑)
っつうか 昔も今も 共に社外品メーカーのパーツは高価で、
昔からビンボーなわたしは 社外パーツは高嶺の花であり、
とてもおいそれと購入出来るシロモノではありませんwww
その高嶺の花の社外のピストンですが 
某メーカーのモノは 値段は高いが強度が低く 
パワー嗜好のチューナーさん達には すこぶる評判が悪い
と 方々より聞及んで居りますので 高価=高品質 というワケでも無い 
っつうコトを充分に理解したうえでチューニングに勤しんで頂ければ
トラブルも未然に防ぐ事が出来る かもしれませんww

鍛造ピストンが販売されれば 其の辺りも解決するのでしょうか???・・ 
求む!レギュラーヘッド用鍛造ピストン♪♪

ボアアップキット といえば 各メーカーさんは、口を揃えたように 
「必ず自社のシリンダーヘッドと組み合わせてご使用下さい。」
「それ以外の組み合わせでは、弊社では保証出来ません。」 
「不具合の発生が予想されます。」 
ヒドイのなると、「重大な事故に繋がる可能性が・・・」 ってな具合に。
そりゃあ~解らなくもありませんがね・・・ 
メーカーとてすべての組み合わせを試したワケじゃないんですから。
あくまでも 「一般ユーザー向け」へのタテマエで、
一種の社交辞令です。(爆)
自分トコの部品を売りたい っつうのも多分に御座いますでしょうし・・・ww

ンがしかし・・
ココで踏みとどまっていたんじゃ、次なるステップへ進めません。

独断で意見を述べさせてもらいますが、
同じ規格で製作した工業製品ですから
取付方法さえ間違いがなければ かなりの確立で「組み込み可能」です。
(性能はともかくとして・・・www)

(注:実際の組込みは自己責任でお願い致しますm(_ _)m

キャブやマフラーを始め、チューニングパーツと呼ばれる部品なんかは
良し悪しひっくるめれば それこそ星の数ほど存在します。
同一メーカーで揃えるのが常套手段でしょうが、
違うメーカーの組み合わせを考えて
実際に敢行することで4miniワールドをいっそう楽しく、
またディープな世界へと誘ってくれることでしょう。 (チ~ン)

まぁ実際には 各部のツジツマさえキッチリ合わせれば 
大きな問題は起こらないと思います。
逆に 各メーカーの寸法差を逆手に取って よりパワーを搾り出す
なんつう組み合わせも可能だったりしますので
皆さんも トライ&エラーで 頑張ってみてください♪♪

大排気量車のピストンを流用して 
コンロッドとかクランクとかゴリゴリ加工して
在り得ない排気量の猿人を造っちゃう人も居るし 
「並列2気筒造ろうかな? できるでしょ♪ 楽勝っスョ♪♪」
なぁんてツワモノも存在しますので
ヤル気になれば 何でも可能だ っつうコトなんでしょうネ♪♪www

既成概念に捉われ過ぎて居ては 飛躍は望めない 
っつうコトですな♪♪













0 件のコメント:

コメントを投稿